消毒(バリア工法)で対処する場合の費用相場は1平米あたり1,200~3,000円です。

MENU

シロアリ業者費用相場

シロアリ業者の費用相場は以下の通りです。

 

・点検費用   無料もしくは1~2万円
・駆除(消毒)費用   1平米あたり1,200~3,000円
・ベイト工法による予防・駆除  建物の外周1mあたり4,000~8,000円
・建物損傷の修復費用    被害状況によって実費

 

 

シロアリ被害の相場費用はどれくらいか

大手を中心に大半の業者は点検までは無料で対応してもらえます。
シロアリ被害が確認され、消毒(バリア工法)で対処する場合の費用は平米単価1,200~3,000円です。
例えば1階の延べ床面積50平米の場合、床下全体の消毒を依頼すると平米単価2,000円だと10万円かかります。

 

業者によっては最低面積(料金)の設定があるので、床下の面積が狭い場合は最低料金を踏まえて比較検討しましょう。
シロアリが発生している場合、湿気がたまりやすいなど、シロアリが棲みつきやすい環境になっている証拠です。
シロアリがいる部分だけを消毒して駆除するのではなく、床下全体を消毒するのが一般的です。

 

シロアリ業者の選び方

 

基本料金の内容を確認する

 

良心的な価格設定をしているシロアリ業者の場合、駆除費用は以下の内容が基本料金に含まれています。

 

・養生
・廃材処理
・交通費(出張費用)
・駐車場利用費用

 

業者によっては基本料金が高いけど、必ず発生する費用を別途請求されることもあるので注意しましょう。
ホームページや広告で基本料金の内容や追加費用の発生条件を明記している所は安心できます。
記載がなければ、基本料金だけでは収まらない可能性が高いと思っておきましょう。

 

追加オプションの内容

 

・穴開け作業
・防蟻用の床下の基礎ハツリ工事
・防蟻用の床下換気扇工事
・調湿剤設置
・被害箇所の補修・補強工事

 

追加費用には、適切に駆除するために必要なものと、再発を防止するための工事があります。
説明をしっかり聞いて、納得できなければ一度保留にして他の業者からも話し聞きましょう。

 

床下換気扇工事や調湿剤設置をしなくても、消毒やベイト工法などの薬剤で処理すれば、一定期間は予防ができます。
この先数十年は住むつもりの家でなければ、無理にオプションを利用する必要はありません。

 

ベイト工法とは

 

ベイト工法は建物の周りに毒エサの入ったベイト剤を地面に埋設させる駆除方法です。
万一、シロアリが来ても毒エサを食べることで繁殖させない方法です。
ほかにも、床下に入るのが困難な場合の駆除で使われることもあります。

 

需要が高まっている工法ですが、点検してシロアリがいなかった場合でも高い確率で提案されます。
20坪の家では、外周面積の平均が25mです。
ベイト工法が1mあたり5,000円だった場合、12万5千円の見積が出てきます。
効果があるものの、シロアリがいない家にベイト剤を置くとシロアリを誘き寄せてしまうケースもあります。
過去にシロアリ被害を受けた経験がある家でなければ、無理に導入する必要はありません。
シロアリ駆除(消毒)に加えてベイト工法の予防を提案されると、見積が高額になります。