シロアリのセルフ駆除に、用意するべきものをまとめてみました。

MENU

自分でできるシロアリ駆除

 

シロアリによる被害を確認した場合には、一刻も早く駆除を行わなければなりません。
対応が遅れればその分だけ被害は拡大してしまいます。

 

シロアリの駆除には大きく分けて二つの方法があります。
一つはプロのシロアリ駆除業者に頼むという方法で、もう一つは市販の商品を使って自ら駆除するという方法です。

 

ここでは、後者の自分でできるシロアリ駆除について紹介していきたいと思います。

 

シロアリ駆除業者に依頼するメリットについてはこちら

 

 

駆除用の薬剤を使用する

 

自分でシロアリ駆除を行う際の最もポピュラーな方法が、この駆除用の薬剤を使うという方法です。

 

蜂や蚊にはこれを駆除するための殺虫剤がありますが、シロアリの駆除用薬剤もこれと基本的には同じです。
薬剤を使用することで、その瞬間に目の前にいるシロアリを駆除することができます。

 

シロアリの駆除用薬剤には、色々なタイプのものがあります。

 

例えば、シロアリに直接散布するものや木材に塗布するもの、土壌に散布するものなどです。また値段については大体1000円~2000円程度のものが多く、高いものでも3000円以内に収まることがほとんどです。

 

もっともこれは市販の薬剤の話で、業務用のものになると値段が一気に跳ね上がって1万円以上する薬剤も出てきます。

 

また、薬剤を使ってシロアリ駆除を行う場合には一つ注意しておかなければならない点があります。
それは、用法をしっかりと守らないと人体に影響が出てしまうということです。
駆除用の薬剤を使用する際には、この点にはくれぐれも留意しておかなければなりません。

 

 

 

ベイト工法(毒エサ剤)

 

シロアリは良い餌(または餌場)を見つけると仲間を呼んで、その仲間と共に餌を巣に持ち帰るという習性があります。持ち帰られた餌は、巣に残っていた他のシロアリと一緒に食べられます。

 

ベイト工法(毒エサ剤)というのは、こうしたシロアリの修正を上手く利用した駆除の方法のことです。

 

まず餌場や蟻道を特定し、餌場であればその付近に、そして蟻道であればその途中に毒エサを配置します。

 

この毒エサには脱皮阻害剤というシロアリの脱皮を強制的に妨害して死に導く成分と、シロアリの好物である木材が含まれています。

 

しかしシロアリはこのエサに毒が含まれていることを判別することができません。そのため、ただ好物の木材があると事にだけ反応して、これを他の仲間と共に自分たちの巣に持って帰ってしまいます。

 

そしてその後に起こることは皆さんが既に感付いている通りです。毒エサを巣に持ち帰ったシロアリは仲間と共にその餌を食し、その巣の中にいる全てのシロアリが死に至ってしまいます。

 

これがベイト工法(毒エサ剤)と呼ばれている駆除方法です。

 

 

 

被害の防止も大切

 

シロアリの被害防止に重要なこと

シロアリの駆除というのは、当然ながら被害が出ていることを前提にしているものですが、それ以前に被害を防止するというのも大切なことです。

 

そんな時に役に立つのがシロアリ専用の防止剤です。

 

シロアリの嫌う成分が含まれた薬剤を餌場になっている個所や蟻道などに塗布することで、家屋に被害が及ぶのを事前に防止することができます

 

普通に市販されている商品ですので、手に入れるのも簡単です。